京都(宇治)を拠点に活動する 写真を撮るひと/とくおか じゅんの日々の暮らしを綴る写真日記。
by とくおかじゅん
カテゴリ:かなりあのさえずり( 72 )
炊き立てにこだわる男
f0358558_13564686.jpg


昔、女の子に 『 蓋を開けたときの炊き立ての香りがたまらない 』 と言ったら嘲笑され

数ヶ月前、依頼主に 『 うちの写真にあなたのこだわりはいらない 』 と言われ

先日 実家にお土産を持って行ったら 父親に 『 お前のやりたいように生きろ 』 と背中を押された。



前はそのこだわりを貫き通すことこそ
何より大切だと思い込んでたけど
時にそれが人に迷惑をかけてるかもと感じるようになった。


・・・


でも結局、いろいろ考えても
こだわりを失くしたらオレではないという答えに行き着く。

それが今の悩み。







写真を撮るひと とくおか じゅん の ホームページ
tokuoka-family.net
f0358558_1513931.jpg

Copyright ⓒ Jun-Tokuoka All Rights Reserved
当ブログの写真を 無断で使わないで下さいね







[PR]
by freephoto365 | 2018-12-08 16:08 | かなりあのさえずり | Comments(0)
意識・感覚の変化
f0358558_13484572.jpg



現場に着いて初めて渡される進行表
お客様からのご要望
短時間でプランナーさんとの打ち合わせ。

いつも通りの流れで進む業務委託での結婚式撮影。

9年前の自分には何の迷いもなかった。
むしろ、この現場が大好きで
結婚式を撮り続けることが
自分にとっての目標であり、使命だと思い込んでいた。


あれから月日が経ち・・・

様々な出会いを通し、自分と向き合いながら自問自答し
新たな感覚を掴みながらいろんな人たちの人生を撮り続けていった結果
あれだけ好きだった結婚式の現場が
今では疑問と違和感ばかり感じるようになった。

派手な演出
時間通りの進行
お決まりの構図
繰り返される上辺だけの会話
列席者とは対照的に迫り来る空虚感

そんな環境下に結婚式という舞台から少しずつ足が遠のいていった・・・


この日は一年ぶりの結婚式の撮影。
新たな感覚で挑んでみたものの、思うことはやっぱり同じ。

これまでにない家族の絆が見えた温かい結婚式だっただけに
余計に自分一人だけが取り残されたような感じになって

この人たちのことをもっと知っていたら・・・
事前に打ち合わせ、顔合わせができていたら・・・
もっともっと気持ちを込めて撮ることができたはず。

そんなことばかりが
頭の中でずっとぐるぐるとうごめいている状態だった。

家族のはじまりとなる結婚式の撮影は
もう仕事だと割り切って撮れない感覚になってしまったんだなと。

もし今後、結婚式を撮るなら
事前に会って、話して、仲良くなって
自分のスタイル、こだわりで撮ってみたい。

おそらくそれは結婚式に限ったことではなくて
すべての撮影に共通すること。

ただ実際には生活のために撮らなくてはいけないこともあり
個人だと閃きの蛇口が大きくなって理想に近いことができるけど
委託だと途端に狭くなってほとんど何もできないというそのギャップに
撮影が終わる度に帰りの車中で一人考え込んでいる日々。


・・・


『 今日はありがとうございました。 また宜しくお願いします。 』

帰りの挨拶でプランナーさんが言ったその言葉に対して
とまどい、素直に返答できない自分がいた







写真を撮るひと とくおか じゅん の ホームページ
tokuoka-family.net
f0358558_1513931.jpg

Copyright ⓒ Jun-Tokuoka All Rights Reserved
当ブログの写真を 無断で使わないで下さいね






[PR]
by freephoto365 | 2018-11-29 06:48 | かなりあのさえずり | Comments(0)
ご来展ありがとうございました。
f0358558_10234139.jpg


二年ぶりに会った友人たちとの何気ない会話から
五年ぶりに実現したグループ展。

その名の通り
同窓会のような懐かしい雰囲気の中
無事に終わることができました。

今回の童創会展の発端は
昨年、ひさしぶりにみんなで食事会をしたときに
僕が言ったいつもの思いつきでした。

その後、4人でやろうということになり
ことを進めていっていたのですが
自分の中のギアが一向に上がっていかず
むしろ 『 今、地元でやることへの疑問 』 が湧いてきて
その疑問がどんどん大きくなっていきました。

やっぱりこのままの気持ちでやるのは難しいと思い
僕は出展しないという意思を伝え
サポート役に回ることにしました。

はじめは何も得ることはないだろうと思っていたし
いざ5人集まると新鮮味がなくなっていって
少し距離を置いた目で見ていました。

それが中間となる会期の3日目に
自分の中であったひとつの違和感の答えが見つかり
五年前の自分とは状況も感覚も意識も
良い意味で変わったことを確信し、思わずニヤニヤしてました。


はじめはモロ地元でやることへの疑問からはじまり
サポート役に回って地元だからこそ実現できたことだと
出展してくれた4人の友人たちもそれぞれ成果があったようで

何より、サポート役の自分も
いろいろと見つめ直し、考える機会にもなって
改めてやって良かったなぁと実感しています。

ただ、正直 群れることは好きではなく
群れれば群れるほど、孤独になりたいと思う性格なので
しばらくはまた一人の時間を大切に過ごしながら
自分の直感を信じた活動をしていこうと思ってます。

童創会としては
後日、打ち上げの席などで今後の方向性や継続性を
みんなで話し合っていこうと思っていて
また何かありましたら発信しますので宜しくお願いします。



写真を撮るひと とくおか じゅん








f0358558_10234454.jpg


幸運の招き猫さんが、いろいろな出会いや発見を導いてくれました。







写真を撮るひと とくおか じゅん の ホームページ
tokuoka-family.net
f0358558_1513931.jpg

Copyright ⓒ Jun-Tokuoka All Rights Reserved
当ブログの写真を 無断で使わないで下さいね






[PR]
by freephoto365 | 2018-11-20 05:24 | かなりあのさえずり | Comments(0)
流行とブランド
f0358558_15391984.jpg


秋になって撮影シーズンに入った。

特にこの時期はどこも七五三一色で
週末にはどの神社に行っても人だらけ。
有名な場所となると尚更。

特にカメラマンが多いことに改めて気が付いた。

ここ数年で出張撮影が浸透しだしたことが大きな要因だろうけど
同じ現場にいて自分にはそれがとても異様な光景に見えた。

右を向けば右を向き
左を向けば左を向く。

みんながみんな
同じ方向を向いていく様子が異様に見えて仕方なかった。

SNSが流行りだしたらそれをし
新たなモノが出る度に
皆が足並み揃えていることに違和感がずっとあった。

その時分かった、自分はそこを目指していないのだと。

流行は一過性のモノで、時と共に移り変わっていき
その度に周りに流されていると
いつまでたっても自分の中の土台ができず
オリジナルのブランドとして残っていかないのでは?と思った。

とはいえ
今の自分もその他大勢の中の一人で抜け出せないでいる。
割り切って撮らないといけない場面もある。
そんな自分に諦めそうにも、呆れそうにもなる。

でも
今はもう自分にとって写真は人生そのものだから
嘘をつくとあとから必ずしっぺ返しが来くるので
できるだけ正直でいたいし
そのことに気付いて、もがこうとしている自分は嫌いじゃない







写真を撮るひと とくおか じゅん の ホームページ
tokuoka-family.net
f0358558_1513931.jpg

Copyright ⓒ Jun-Tokuoka All Rights Reserved
当ブログの写真を 無断で使わないで下さいね






[PR]
by freephoto365 | 2018-11-02 15:38 | かなりあのさえずり | Comments(0)
LAST DAY
f0358558_18220969.jpg


自分はこれまで
たくさんの人たちの笑顔を撮ってきた。

半面、その何十倍もの人たちに嫌な想いをさせたり
迷惑をかけてきたという事実もある。

これからも
その事実をずっと受け止めて生きていくことになるけど
痛みを知ることも人生では必要だから
自分の生きてきた証にもなっていると思う。


・・・


良い人にはなりたいけど
都合の良い人にはなりたくない。

自分の意見は言うし
できないことにはNOとも言う。

そうやって本音で語り合える人との出会いはそんなにあるもんじゃない。

あの人の背中を見ていなければ
さっさと投げ出して次のことを考え行動していただろうけど
でも、あの人といっしょに
今 目の前にあることを全うしたいと思った。

やりきったからどうかではなく
やりきることでやっと言葉にできることが
自分にとって大切だから







写真を撮るひと とくおか じゅん の ホームページ
tokuoka-family.net
f0358558_1513931.jpg

Copyright ⓒ Jun-Tokuoka All Rights Reserved
当ブログの写真を 無断で使わないで下さいね






[PR]
by freephoto365 | 2018-09-30 23:27 | かなりあのさえずり | Comments(0)
写真を撮り続けることは、自問自答し続けること
f0358558_14204761.jpg


今日はとある倉庫でイメージカット撮影をやってました。

蚊に刺されてるのを忘れてたくらい無我夢中で撮ってました。







写真を撮るひと とくおか じゅん の ホームページ
tokuoka-family.net
f0358558_1513931.jpg

Copyright ⓒ Jun-Tokuoka All Rights Reserved
当ブログの写真を 無断で使わないで下さいね






[PR]
by freephoto365 | 2018-09-11 18:29 | かなりあのさえずり | Comments(0)
自分が活きる道
f0358558_15053655.jpg



以前、広告業界の人が僕のホームページを見て

『 広告写真だと、とくおかさんの良さが出ないだろうなぁ~ 』 って言われました。

その時はよく分からなかったけど、実際に携わってみると
決められたレールの上で自由に走ってくださいと言われてるようで
そんなん走れるわけないやんって思った。

やっと分かった、あの人が言った本当の意味が。。。


体裁を気にし過ぎて常識を打ち破れない
イメージが湧いてこない
色が出せないなら自分である必要性はどこに?


前の自分だったらすぐに匙を投げてたろうけど
今はこれはチャンスなんだと思えるようになった。

写真の神様に 『 乗り越えてみろ 』 と言われてるようで。

どんなに悪い状況下であっても
自分らしさを一瞬でも撮れるときがあると信じて常に狙っている。


・・・


取材撮影は始め、ただ事実だけを記せば良いと思っていた。

でも、関われば関わるほど
事実だけを記すのではなく、その人らしさも描きたいと思うようになっていった。

写真だけでは伝えきれないことを
自分なりの言葉で表現したい。 やってみたい。

それをいつも追い求めてます。







写真を撮るひと とくおか じゅん の ホームページ
tokuoka-family.net
f0358558_1513931.jpg

Copyright ⓒ Jun-Tokuoka All Rights Reserved
当ブログの写真を 無断で使わないで下さいね






[PR]
by freephoto365 | 2018-09-09 05:00 | かなりあのさえずり | Comments(0)
出張撮影 = 旅
f0358558_23532497.jpg


ナビ使って、ETCを装備したらほぼ間違いのない快適なドライブができます。

でも高速道路のような単調な道を走っていると、スピード感覚がおかしくなります。

そんな時に料金所で一旦停止すると、気持ちが落ち着き
お金を払い終えると 『 お気をつけて 』 という言葉をもらい、改めて身が引き締まります。




・・・




f0358558_12565385.jpg


もし道に迷ったら、車を停めて地元の人に聞けば良いし
お腹が空いたら、ネットで探さず直感で食べたいお店に入ることにしてます。

そういったことすべてが旅の思い出になっていると分かると
便利になり過ぎて何か大切なことを見失っていくような気がしてます。







写真を撮るひと とくおか じゅん の ホームページ
tokuoka-family.net
f0358558_1513931.jpg

Copyright ⓒ Jun-Tokuoka All Rights Reserved
当ブログの写真を 無断で使わないで下さいね






[PR]
by freephoto365 | 2018-08-27 23:53 | かなりあのさえずり | Comments(0)
続けることで見えてくるモノ
f0358558_00081229.jpg





1 : もうすぐおにいちゃんになるんだよ

2 : 旅立ってゆく人へ

3 : とんがり山に集うひとたち

4 : VIVO!

5 : R

6 : 思い出を運ぶひと

7 : TRAILER

8 : かぞくのうた

9 : 神様がくれた時間

10 : 記念日を作ろう

11 : Wedding guests

12 : 夢

13 : It's my style

14 : 1.12 ~メッセージ~

15 : あした天気になぁれ

16 : Made In Mayumi

17 : patri

18 : 閃き/煌き

19 : オオキニ ~あなたのくれた気持ち~

20 : ALIVE

21 : na-tsu-mi

22 : 未知導

23 : hirameki

24 : となりのぼん






これまで、自分の個人活動で撮った思い出を YouTube 発信 してきたけど

先日 あるムービーを試験的に作ることになり
実際に作っている過程で
この7年で積み上げてきた経験や勘によって自分だけの物差しができてることを実感した。

・・・

『 もうすぐおにいちゃんになるんだよ 』~ 初期の発信は
タイトルにもBGMにも、構成にもほとんどこだわった箇所はあまりなく
音楽に合わせてスライドショー的な感じで作っていた。

ただ、それだけでも写真の見え方が変わって、当時は一人喜んでた。


『 思い出を運ぶひと 』 は 写真のお渡しに行く直前に動画を組み込むことを思いつき
『 TRAILER 』 は 映画好きが高じて作り
『 神様がくれた時間 』 は ともえさんの歌を使いたいという想いがずっとあって
こだわりが少し芽生え始めていたけど


そんな自分が YouTube 発信 する上で
ひとつのターニングポイントとなったのは 『 Wedding guestsだった。


知り合いの結婚式にゲストで行き、限られた場所からしか撮れない中で
少ない素材を使って作った思い出を機に
その後の 『 夢 』、『 It's my style 』 ・・・ へと繋がっていった。

この頃にはもうタイトルからBGMから構成から
自分にしか分からないような細部にまで意識が向いていて

はじめは撮影後にいろいろ考えていたモノが
作り慣れてくると撮影前に全貌が見えていたり
時には撮影途中や日常生活の中で閃くこともあった。

ただ、作れば作るほど自分の世界観が構築されていって
作ったモノをどんどん客観的に見れなくなっていき
今では発信して反応をもらって、嬉しいよりもまずそこでようやくホッとする自分がいます。


『 もうすぐおにいちゃんになるんだよ 』 を作ったとき
『 となりのぼん 』 を作るなんて想像してなかったし

『 神様がくれた時間 』を作ったとき
『 na-tsu-mi 』 が生まれるなんて予想できなかった。


今考えると、そのときそのときにある思い出をそのとき思いついた自分の直感を信じて
一生懸命作ってきただけのことで

そうやって自分で試行錯誤しながらやってきた YouTube 発信制作の経験が
今、こうやって別の場面で活きていることを考えると
何気なくやり始めたことでも、コツコツと続けることの大切さを身を持って実感していて

ミュージシャンでも映画監督でもない自分が
作ってるひとときは、そんな気分をニヤニヤしながら味わってます。


とくおか じゅん







写真を撮るひと とくおか じゅん の ホームページ
tokuoka-family.net
f0358558_1513931.jpg

Copyright ⓒ Jun-Tokuoka All Rights Reserved
当ブログの写真を 無断で使わないで下さいね






[PR]
by freephoto365 | 2018-08-12 00:07 | かなりあのさえずり | Comments(0)
僕はコメタリアン
f0358558_00104535.jpg


【 習性 】

自分が映ると、反射的に撮ってしまいます。



・・・



今年に入ってから、職人さんの取材撮影など
今までやってこなかった世界に足を踏み入れています。

これまで自分は、ウェディングフォトやスクールフォト、家族写真など
『 記念写真 』 という枠組みの中で撮ってきましたが

『 写真 』 と見方を変えたとき
自分がいかに狭い世界で、もがいてきたかということに気が付きました。


新しいことをすると、上手くいかないことの方が多いし収入は下がるけど

今の自分にとって一番大切なことは
これまで感じたことのない感覚を掴みたい。
これまで見たことのない瞬間を撮ってみたい。

例えシーンが変わっても
『 できるだけ気持ちを込めて楽しんで撮りたい 』 という
根本的な自分のスタイルは変わりませんし

『 記念写真 』 という枠組みの中で培ってきた経験や技術がずっと土台になっていて
逆に新たな世界で得た経験が 『 記念写真 』 でも必ず活きてくると確信してます。

上手くいかなかったときはその時に考えればいいだけで
ただやってみたいんです。







写真を撮るひと とくおか じゅん の ホームページ
tokuoka-family.net
f0358558_1513931.jpg

Copyright ⓒ Jun-Tokuoka All Rights Reserved
当ブログの写真を 無断で使わないで下さいね






[PR]
by freephoto365 | 2018-08-06 00:12 | かなりあのさえずり | Comments(0)