京都(宇治)を拠点に活動する 写真を撮るひと/とくおか じゅんの日々の暮らしを綴る写真日記。
by とくおかじゅん
『 童創会展 』 について


久しぶりに徳岡君から連絡をいただきました。

『 みんなで食事でもどうですか? 』
私たちは2年ぶりに会うことになりました。

私たち5人は以前、けいはんな記念公園 月の庭ギャラリーで
毎年10月に開かれていたグループ展
『 鬼神と仲間たち展 』 のメンバーでした。

展覧会を卒業してから、それぞれが個々に活動していました。
懐かしい顔ぶれに・・・

『 同窓会のようですね 』
『 また展覧会を開きたいですね 』
『 それじゃあ今度は宇治でグループ展をしたいね 』
『 今度は5人の展示、即売会をしてみたいね 』

早速話はまとまり、会場探しを始めました。

宇治にはギャラリーが少なく
良い会場を見つけられるか不安でしたが
ちょうど条件の良い
『 RAKUカフェギャラリー 』 での5人の展示即売会が叶いました。


途中、宇治在住の徳岡君はプロデュースにまわることになり
4人展となりました。

食事会の時 『 同窓会 』 から 『 童創会展 』 と命名。

無心にモノづくりに励む気持ち忘れないようにしたいということを兼ねています。


・・・


4人の活動を簡単に説明します。

私、竹内 明美 はパートドヴェールというガラス工芸をしています。
少し聞きなれない珍しいガラス工芸です。

耐火石膏の型を使って
ガラスの粉をその型に詰めて、窯の中で溶かして作ります。

メソポタミア文明の時代から作られていたと言われていますが
いまだに明らかな制法はわかりません。

再現されたのは200年前です。
それでも、今なお制作している作家は少ないようです。

・・・

小木曽 優 は大学で油彩を学び
卒業後 多くの展覧会に出品しています。

特に京展には毎年入選しています。
今はアクリル画を中心に制作しています。

複雑な配色を使って、半具象画を描きます。

・・・

久保田 忠男 は日常の使いやすい食器類
干支などのオブジェなどの陶器を製作しています。

ほのぼのとした温かい風合いの作品です。

・・・

田中 由美 は女性らしさ漂う、優しい色合いの陶器を製作しています。

淡いピンクからワインレッド
陶器の世界では出しにくいと言われる
『 赤 』 にこだわった釉薬を扱っています。


それぞれの個性豊かな作品を秋の紅葉と共にお楽しみください。



平成30年 11月 吉日 竹内 明美






f0358558_23321319.jpg


ということで僕は今回 出展はせず
お手伝いという形で関わらせてもらうことにしました。

たまにいるので良かったら観に来てください。



写真を撮るひと とくおか じゅん







写真を撮るひと とくおか じゅん の ホームページ
tokuoka-family.net
f0358558_1513931.jpg

Copyright ⓒ Jun-Tokuoka All Rights Reserved
当ブログの写真を 無断で使わないで下さいね





by freephoto365 | 2018-11-11 22:37 | うじというまち | Comments(0)
<< 搬入ドキュメント 洛タイ新報へ >>


このブログを描いてるひと

カテゴリ
思い出という名の人生
写真のなんでも屋さん
この日、このとき
うじというまち
カメラさんぽ
本物を知る旅
プロフェッショナル ~職人の道~
YouTube 発信
かなりあのさえずり

以前の記事
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
more...

記事ランキング

ブログパーツ
  • このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。