京都(宇治)を拠点に活動する 写真を撮るひと/とくおか じゅんのカメラのある暮らし。
by とくおかじゅん
新しい常識を作る
f0358558_22081473.jpg


見知らぬオッチャンが僕の車を見て声をかけてきた。


『 おにいちゃん 写真屋さんか? 』

『 そうですけど・・・ 』

『 ひとつ聞きたいんやけど、携帯(ガラケー)で撮った画像をプリントするにはどうしたらいいんや? 』

僕はポケットから自分のガラケーを取り出して・・・

『 このマイクロSDにデータを記録させればできますよ。どこの電気屋さんでも売ってますし。 』

『 そっか、ありがと ありがと♪ 』


オッチャンにとって 『 写真のなんでも屋さん 』 とは、そういう風に見えたんだろう。


・・・


そのとき、ふと3年前の記憶が蘇った。
自分がどうしてこの屋号を思いついたのか?

今の商業(営業)写真は
その業界の人間に作り上げられてきた常識によって
記念写真とはこういうモノだということが長い年月をかけて人々に刷り込まれてきたから
残したい人もそういうモノだと思い込んでしまい
無意識のうちに諦めさせられているということに気付いていない。


でも自分はある時、そんなことはないと思った。


人生の中には大切にしたい瞬間がたくさんあって、要は気持ちひとつで無限に広がるということ。


ここまでしか残せないじゃなくて
こんなところまで残せるんだと思える写真屋さん。

まず残したい人が柔軟で自由な発想を持って
残したい瞬間を考える写真屋さん。

それが 『 写真のなんでも屋さん 』 に込めた願いだ。



だから僕はそんな業界の人たちが作ってきた
そして今も根強く残るその常識という既成概念をぶち壊したいと思ってます。

そのためには時間がかかるだろう。
思い通りにいかないことも多いだろう。
非常識だと思われるだろう。
馬鹿にされることもあるだろう。

でもそんなことどうだっていい。
誰が何と言おうが
例えどんな未来が待っていようが
自分がやってみたいと思ったことを追い求めていきたい。
ただそれだけ。


何かひさしぶりに熱い気持ちが湧いてきてうれしくなった。

オッチャンありがとう。







写真を撮るひと とくおか じゅん の ホームページ
tokuoka-family.net
f0358558_1513931.jpg

Copyright ⓒ Jun-Tokuoka All Rights Reserved
当ブログの写真を 無断で使わないで下さいね






[PR]
by freephoto365 | 2018-05-14 21:50 | かなりあのさえずり | Comments(0)
<< 大工職人 森丘工務店 森丘さん親子 おやっさん >>